2010年03月11日

連日深夜

連日、終汽車にての帰宅となり、妻とは専ら机の上の文通にて交流す。そも我が働くは何が為ぞと妻の寝顔を見つつ思ふ。石炭をばはや積み果てつ。


posted by 朱雀 at 01:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。